ナマステ・インディア2009
東京・代々木公園イベント広場/雨天決行ENGLISH日本語
ナマステ・インディアとは プログラム 協賛・後援 出店 出演者 ボランティア 会場マップ アクセス案内
 トップページ<プログラム
エア インディア セミナーハウス】【つながる!インディアセミナーハウス 

エア インディア セミナーハウス


今年もエア インディアの協力により「エア インディア セミナーハウス」を設けます。

(公財)日印協会主催の講演会の他に、ヨーガやインド古典声楽、フォークアート等のワークショップを開催。






エア・インディアハウスプログラム・9月23日(土)
1コマ
10:00〜11:00
ヨーガワークショップ!
※要ヨガマット
 
2コマ
11:30〜12:30
インドフォークアートワルリー画を描いてみよう!
講師:来日アーティスト
3コマ
13:00〜14:00
講演会(公財)日印協会主催
『奥深きインド―魅惑的な世界遺産―』
平林博(公益財団法人 日印協会理事長
 
4コマ
14:30〜15:30
講演会(公財)日印協会主催
『日本の絵本の読み聞かせキャラバンで“クリーン・インディア”に貢献!』
古賀義章(講談社 海外事業戦略部 担当部長)
 
5コマ
16:00〜17:00
菩提僊那絵とダルマの絵を描こう!
講師:立川啓子 
 
6コマ
17:00〜17:30
ヨガダンスで歌ってヨガを覚えよう!
講師:ズルフィカール蓮菜
 
   
エア・インディアハウスプログラム・9月24日(日)
1コマ
10:00〜11:00
ヨーガワークショップ!
※要ヨガマット
 
2コマ
11:30〜12:30
インドフォークアートワルリー画を描いてみよう!
講師:来日アーティスト
3コマ
13:00〜14:00
講演会(公財)日印協会主催
『インド工科大学の学生たちと訪ねるインド神話の世界』
山田真美(作家/博士[人文科学]/公益財団法人 日印協会理事/インド工科大学[IIT]ハイデラバード校 教養学部客員准教授)
 
4コマ
14:30〜15:30
講演会(公財)日印協会主催  『ナンダ・コート初登頂80周年記念事業―只今、ベースキャンプにいます〜81年目のインド遠征隊〜』『インドの聖峰ナンダ・コット』上映(1936年撮影、30分)、現地の様子を衛星電話回線で中継(予定)
上遠野健一(毎日映画社)
 
5コマ
16:00〜17:00
菩提僊那絵とダルマの絵を描こう!
講師:立川啓子 
 
   

つながる!インディア セミナーハウスプログラム

日印文化交流ネットワークによる企画・運営。




つながる!インディア セミナーハウス プログラム・9月23日(土)
1コマ
10:30〜11:30
出野 尚紀 日本女子大学講師
『ヒンドゥー寺院の見方と参り方 』
 

2コマ
12:00〜13:00
石川 巌 中央大学政策文化総合研究所客員研究員
『チベットのサイコロ文化の起源をインドに探る 』
 

3コマ
13:30〜14:30
庄司 史生 立正大学講師
『河口慧海とインド』
 

4コマ
15:00〜16:00
貝澤耕一 平取アイヌ文化保存会
『アイヌについて』
貝澤耕一 平取アイヌ文化保存会

5コマ
16:30〜17:30 的場 裕子 ヴィーナ奏者
南インド音楽鑑賞のツボ』
 

つながる!インディア セミナーハウス プログラム・9月24日(日)
1コマ
10:30〜11:30
高柳 さつき 日本仏教研究者
『般若心経とはなにか』
 

2コマ
12:00〜13:00
佐々木 一憲 立正大学講師
『マラバルのキリスト教徒ー聖トマスの伝説を中心に』
 

3コマ
13:30〜14:30
松本 榮一 写真家・翻訳家
『マハーボーディ寺ーブッダの大いなる悟り』
 

4コマ
15:00〜16:00
貝澤耕一 平取アイヌ文化保存会
『アイヌについて』
貝澤耕一 平取アイヌ文化保存会

5コマ
16:30〜17:30
奈良 修一 中央大学非常勤講師
『地獄巡りーインドを中心に−』
 




◆内容

◆ステージ公演◆

gotop


象の広場

今年も、老若男女、子供たちにも大人気のあの象の親子がナマステ・インディアに帰ってきます!

原宿口方面から本部テントへ向かう途中「象の広場」で、お馴染みの親子が皆さまをお出迎えします!!

この象は、2008年張りぼて象の制作者シャムスル・ハク氏(ナショナルアワード(国家栄誉賞)受賞者)と息子のモ・マルーン氏が、インド政府ICCR (インド文化交流評議会)よりナマステ・インディア2008のために日本に派遣され、4頭の親子象を制作したものです。2009年は、モハッド・マルーン氏と同じモ・マルーン氏が派遣され、小さな竹の作品を制作してくれました。

2011年はシャムスル・ハク氏、モ・マルーン氏がナマステ会場で小さいな竹の作品を制作公開。また帰国前にミティラー美術館で張りぼて象の補修をしてくれました。それから二年、会場で雨に打たれるなど象たちも所々傷を負いましたが、事務局スタッフによる修復作業も行われ、8回目の今年もナマステに登場

ナマステ・インディアのマスコットになったお父さん象VARUN、お母さん象MEENAKSHI、子ども象VEENAが元気になって会場に登場しますので、皆さん今年もたくさん可愛がってくださいね。

象修復の様子 象修復の様子
象修復の様子 象修復の様子
象の広場・会場写真1
象の広場・会場写真2




(c)copyright NPO Society to Promote India-Japan Caltural Relations. All right reserved.