ナマステ・インディア2009
東京・代々木公園イベント広場/雨天決行ENGLISH日本語
ナマステ・インディアとは プログラム 協賛・後援 出店 出演者 ボランティア 会場マップ アクセス案内
 トップページ<プログラム
ナマステ・インディア セミナーハウスプログラム 

ナマステ・インディア セミナーハウスプログラム






ナマステ・インディア セミナーハウス プログラム・9月29日(土)
1コマ
10:00〜11:00
講演会
「いまさら知りたい!インド人と日本人のための超日本仏教入門」
佐藤雅彦(仏教興隆協会事務総長、大正大学非常勤講師)
 

日本の仏教について外国人に質問されたり説明を求められたりしたとき、理解してもらえるでしょうか?日本人はお釈迦様の教えをどのようにとらえているのでしょうか?生老病死をみなさんと一緒に考えましょう。講師が平易な言葉でお話しします。

2コマ
11:30〜12:30
ワークショップ:インドの押し花
講師: Anuradha Sahu(来日ナショナルアワードアーティスト)
貝澤耕一 平取アイヌ文化保存会

インドからのHANA
世界平和文化のシンボルである花を使ったフラワークラフト「OSIBANA」。日本で特許取得。HANA artは世界のための新しいイノベーションです。
※写真は作品「SAKURA & JAPANESE FAN」

3コマ
13:00〜14:00
講演会:(公財)日印協会主催
山田真美(作家/博士 人文学者、日印協会理事、インド工科大学ハイデラバードこう教養学部客員教授)
『インドの神様の話』
 

4コマ
14:30〜15:30
講演会
貝澤耕一(NPO法人ナショナルトラスト チコロナイ理事長)
『アイヌ伝承の森を育てる』
貝澤耕一 平取アイヌ文化保存会

5コマ
16:00〜17:00 講演会:日印文化交流ネットワーク主催
佐藤良純(日印文化交流ネットワーク世話人、大正大学名誉教授)
『インド仏教の歴史』
   
6コマ
17:30〜18:30 講演会
佐々木一憲(立正大学特任講師)
『タゴールと岡倉天心 ー絵画を巡る日本とインドの絆』
 

アジア初のノーベル文学賞タゴールは生涯に五度訪日するほどの親日家だが、そのきっかけを作ったのは近代日本美術の開拓者・岡倉天心であった。天心ならびに門下生の横山大観、菱田春草の訪印とその後の交流を紹介する。

ナマステ・インディア セミナーハウス プログラム・9月30日(日)
1コマ
10:00〜11:00
ヨガワークショップ(要ヨガマット)
へマント・シャルマ博士(インド大使館VCCヨーガ講師)
 

2コマ
11:30〜12:30
ワークショップ
菩提僊那とダルマの絵を描こう!

講師:立川啓子
 

3コマ
13:00〜14:00
講演会:(公財)日印協会主催
『ヒンディー語講座』
講師:モニカ江尻
 

4コマ
14:30〜15:30
講演会
中村晃朗(立正大学法華経文化研究所研究員)
『龍樹の遺跡??マンセル 〜大乗仏教の源流をたずねて〜(仮題)』
 

大乗仏教の祖として名高いにもかかわらず、数多の伝説に彩られている古代インド僧、龍樹。その実在の痕跡が中央インド・マンセル遺跡で見つかった。出土遺物や玄奘三蔵法師らの記録をもとに、遺跡の全貌を解説する。

5コマ
16:00〜17:00
講演会:日印文化交流ネットワーク主催
『インドと日本の文化交流』
ラビンダー・マリク(日印文化交流ネットワーク世話人、元国連大学学長室長、DIC会長)
   
6コマ
17:30〜18:30
奈良修一(中央大学非常勤講師)
『インドとシナ:釈尊と孔子・老子・荘子の比較を中心として 』
 

「枢軸の時代」と言われる紀元前5世紀前後は、西にソークラテース、インドに仏教、シナに孔子と、様々な思想が同時発生的に現れた人類思想史上の大変革の時代であった。今回は、特に仏教に焦点を当て、東アジアの文化との比較から、そのインド的特徴を明らかにしたい。




◆内容

◆ステージ公演◆

gotop


象の広場

今年も、老若男女、子供たちにも大人気のあの象の親子がナマステ・インディアに帰ってきます!

原宿口方面から本部テントへ向かう途中「象の広場」で、お馴染みの親子が皆さまをお出迎えします!!

この象は、2008年張りぼて象の制作者シャムスル・ハク氏(ナショナルアワード(国家栄誉賞)受賞者)と息子のモ・マルーン氏が、インド政府ICCR (インド文化交流評議会)よりナマステ・インディア2008のために日本に派遣され、4頭の親子象を制作したものです。2009年は、モハッド・マルーン氏と同じモ・マルーン氏が派遣され、小さな竹の作品を制作してくれました。

2011年はシャムスル・ハク氏、モ・マルーン氏がナマステ会場で小さいな竹の作品を制作公開。また帰国前にミティラー美術館で張りぼて象の補修をしてくれました。それから二年、会場で雨に打たれるなど象たちも所々傷を負いましたが、事務局スタッフによる修復作業も行われ、9回目の今年もナマステに登場

ナマステ・インディアのマスコットになったお父さん象VARUN、お母さん象MEENAKSHI、子ども象VEENAが元気になって会場に登場しますので、皆さん今年もたくさん可愛がってくださいね。

象修復の様子 象修復の様子
象修復の様子 象修復の様子
象の広場・会場写真1
象の広場・会場写真2




(c)copyright NPO Society to Promote India-Japan Caltural Relations. All right reserved.